わたしがシンガポール留学を選んだ理由は
シンガポール生活

【入寮初日!】寮でしたこと。トラブル続きで大変でした。

シンガポールトラブル

無事、シンガポールに到着し、寮に入ることができました!

入寮初日に何をしたのか…

その様子をご紹介します!

寮についたときの留学の実感がすごい

まず、寮にたどり着くまでが大変でした。

キャンパスが広すぎる!!!!

荷物も多いので歩かずにキャンパスバスを使おうとしたら、よく分からず1時間30分くらいさまよっていました(笑)

今思えば、「すぐだったのに〜」とか「その距離歩けたのに〜」思いますが、当初の私は混乱状態。

しかし、計5人くらいに聞いたり、荷物を持ってもらったりして、「ああ優しい、、、」と心に沁みました。

でも、聞いてもなにを言ってるのか分からないことが結構あって精神的にはハードでした。

 

そして寮に到着!!Admin Officeでチェックイン。

ここで失態が。

チェックインを終えてから気づいたのですが、日付を全てJulyにしてました(笑)

(Augustのはずが、、)

 

果たして誓約書の日付が間違ってるのに気づかないスタッフと私は大丈夫なのか。

部屋に着くと、「ああ、ここで10ヶ月過ごすのか、、」としみじみ。

今まで実家暮らしの私にとってなんだか寂しい気持ちでもありました。

とりあえずスーツケースから荷物を出してみる。

そんな気持ちの中、さあなにをしよう。

スーツケースを開けて洋服や生活用品などを出して、寮の部屋にもともとあった棚やワードロープにいれていく作業。

荷物も少ないのであっという間に終わりました。

おしゃれになるような物はなにもないので、とりあえず置いて並べるのみです(笑)

よし、留学に持って来てなかったものを買い出ししよう。

洗剤やシャンプーなど持って来てなかったので買い出しに。

キャンパス内のNorth Spineというところにスーパーマッケットがあったので、そこでほとんど揃えました。

シーツや枕、ハンガーやバスタオルなど留学生が買いそうなものが揃っています。

シンガポールで購入した必要雑貨などの関連記事⬇️

Wifiの設定やエアコンなど調べつつトライ!

Wifiが部屋に通ってない!!シンガポールならたくさん通ってそうというイメージで来たので、どうしようか、と。

すると、机のコンセントの横に有線のインテーネットらしきものを発見!

 

またまたAdmin Officeに行くと、ケーブルが必要なことに気づき、また買い出し。

しかし、ケーブルを買っても私のパソコンがMac bookなのでさすところがなくてさらに必要なものがあったり、でも結局ワイヤレスのルーターを買った方がよかったり。

色々さまよいましたが、なんとか設定できました!

 

そして、エアコン付きの部屋ですが、リモコンの電源を押しても何も動きません。

プリペイドカード(カード代S$5は家賃と一緒に引き落とし)をAdmin Officeでもらい、そこにNETS cash cardというものを使ってチャージしていきます。

シンガポールでは、「top up」というワードを使うようです。

料金は、1時間で30セントで、使うときに残りの金額が表示されるので、ついついケチっちゃいそうになります。

ですが、大きいプロペラ?扇風機は無料で使えるので、それだけでも何とか過ごせます。

孤独を感じながら就寝

色々作業して、もうお疲れでした。

なんだか寂しい気持ちでいっぱいになりつつ、でも留学がついに始まったんだという実感もありつつ、就寝。

初日は、まだエアコンの設定ができていなかったので暑いなあ、、と思いながら就寝しました。

入寮初日はこんな感じでした〜

振り返るとなんだか地味ですが、初日は心が落ち着かない日でした(笑)

いまはもう生活には慣れて来て、現地でのコミュニケーションや、授業、テストなど新たな壁が到来しています。

 

どれもいずれは慣れるのだろうと信じてトライしていきたいと思います。