わたしがシンガポール留学を選んだ理由は
お金のこと

【シンガポール】私が実践している留学中の節約の方法5選

私は留学中でもしっかりと節約をしています

交換留学だと派遣大学の授業料はかからないし、奨学金の種類もたくさんあって困窮生活にはなりません

しかし、バイトができないので出費のみ。

どんどんお金は減っていくのみです…

そして…節約の第一目的は、旅行をたくさんしたいから!

シンガポールにいて日本よりも渡航費を抑えられる、バイトもないので暇な日がたくさん

これは旅行のチャンスです。

そのために、日々小さな節約が大切にしています。

そんな私が編み出した節約の方法5つをご紹介します。

【留学節約法①】おこづかい帳アプリをいれる

私は、クレジットカードと交通系ICカード(NETS flashpay)と現金の3つを場面ごとに分けて支払ってるので、いくら使ったのか本当に分からなくなります。

恐怖。

なので、おこづかい帳アプリを入れて管理しています。

使いすぎたなって思う週は、アプリを開いて、「ああこの時に洋服を買ったからだ」とか「間食(99%タピオカ)減らそう」と振り返ることができます。

 

使っている超おすすめアプリこれ。

ラクな家計簿

「ラクな家計簿」こちらから

 

【留学節約法②】乾燥機ではなく部屋干し

私の寮は外干しできるところがないので、乾燥方法としての選択肢は乾燥機か部屋干しか。

(でも虫が大嫌いな私は洗濯物に虫がついて部屋に持ち込むのが恐怖なので、外干しできてもきっと選択肢はこの2つ、、)

乾燥機は、1回につきS$1(80円程度)です。

詳細は、洗濯について記事 にて。

 

毎回乾燥機をつかうと月にS$7(560円)くらいかかります。

一見安いと思いますが、私の留学期間9ヶ月で考えると合計5000円もかかってしまうのです。

これをケチるのはなんだか自分でもたまに大丈夫かな?と思うときがありますが(笑)

部屋干しなら、ハンガーや洗濯バサミなどのS$6(500円程度)の初期費用以外なにもかかりません

自分の分だけなので全然大変ではないし、意外とすぐ乾くので部屋干しがおすすめです。

 

【留学節約法③】朝食バナナ

朝食は、いつもレーズンパンか食堂のカヤトーストセットを食べていましたが、最近はバナナ一筋!!

これは節約が第一目的ではないですが、ジムで運動したあとにパンを食べる気分にあまりならないので(笑)

バナナは、5本束でS$2.5(200円)くらいなので安い!ですが、部屋に虫が出るのを避けたいので、いつも2本か1本ごとに買ってすぐ消費できるようにしてます(笑)

いつもの食事についての記事はこちら

【留学節約法④】これはおすすめ。インスタントコーヒー

最初の頃は、いつも食堂や街中のコーヒーを買っていました。スターバックスなどでなければ、S$1.0〜2.0くらいで手に入る。

あとは、スーパーマーケットで缶コーヒーを買ったりできますが、それら全てに勝るコスパアイテムはインスタントコーヒー。

私は幸運なことにコーヒーに関して敏感な味覚はないので、どんなコーヒーでもわりとOK。つまりインスタントコーヒーでも大丈夫!

種類にもよりますが、30杯でS$5なんかのもあったりします。しかし、超甘いのもあったりするのでよく表示を見た方がいいです。

上でインスタントコーヒーって何回も言ってますが、私はいつもインスタント(粉タイプ)の「ほうじ茶ラテ」です(笑)15杯でS$6.0くらい。

これを耐熱の水筒に入れて、持ち歩いています。マグカップにいれて夜の勉強タイムにもぴったり!

【留学節約法⑤】タピオカの頻度を少なくする

これは限定的な人にしか当てはまらない節約方法。

キャンパス内にあるLiHoというタピオカのお店が、私の授業を受けている場所の近くにあります。なので授業の合間とか終わったあとの癒しとして、よく(厳密に言えば週に3、4回)行ってました。

しかし、週にS$10(800円)くらいタピオカに費やしていることに気づき、月計算したら恐ろしいことに。これは減らさねばと改心しました。

この案が私の財布にとって一番効果のある節約だと思っています。

留学中はちょっとした工夫で節約することができる

留学中は、アルバイトもできないのでお金のことが心配になると思います

ですが、このようなちょっとした工夫で節約することができて、不安を解消することができます

 

ぜひ日常生活の中で、節約できる点がないか探してみてください