わたしがシンガポール留学を選んだ理由は
シンガポール生活

【留学先で買えない】日本にいる母に送ってもらいたいもの5つ

 

もう、9月の下旬、留学して2ヶ月が経とうとしています。

食欲や物欲が湧いてくるこのごろですが、日本から持って来てほしい〜〜という欲をここにぶつけたいと思います。

書き出すのが楽しくなるくらい、欲にあふれていました。(笑)

【送ってもらいたいもの1】こっちは高い、日本の化粧品(特に化粧落とし)

日本の化粧品がナンバーワンだろうという考えが抜けない私は、シンガポールのドラッグストアでついつい日本の商品をみてしまいます。

というより、シンガポールで見かける化粧品の半分以上は、日本と韓国生まれの化粧品が多いです。

それは日本人としてはありがたいですが、やはり輸入という形になるので、私が知っている値段よりも3倍くらい高い!(泣)

ビオレのふくだけコットン。日本ではリーズナブルで人気の高い商品ですが、シンガポールではS$16(1300円)くらいです。

シンガポールで日本の化粧品を求めると、「え、高!むりむり、買えません。」という心境になってお店を後にする感じになると思います。

 

【送ってもらいたいもの2】やっぱり白米、サトウのごはんとふりかけ

商品名でごめんなさい(笑)”サトウのごはん”は、私が思い描くごはんと一番合っていると思うからです。

新潟県産コシヒカリ 200g の商品画像

 

なぜ、インスタントなのか。理由は2つあります

① 単純に炊飯器ありません

② 自分の部屋でしんみりと食べたくなるときがあるんです

寮に住み始めた当初は、1人部屋だったこともあり、人がいるところが恋しくなっていました。なので、広くて風通しの素晴らしい食堂ばかりに行ってご飯を食べていました。

ですが、最近生活リズムというか時間の過ごし方に慣れてきてしまった(飽きてきてしまった)ので、新しいことにトライするために自分の時間を持つのもいいな、という感覚がしてきています。

その一つの現れとして、部屋で何か作業や考え事をしながら食べるご飯です。週に2回くらいそういう時間を作っています。

これは内向的で良くないことのような気もしますが、今の私の中の流行りなのでそっと見守ってください(笑)

 

【送ってもらいたいもの3】気分爽快、リセッシュ

これは激推し!

リセッシュは本当に便利だと実感しています。

枕やシーツ、タオルケットなどそんな頻繁には洗いませんよね?(私だけ?)でも寝汗はかいているだろうし菌を感じるので、朝起きたらリセッシュをかけてます。

効果があるかは知りませんが、大事なのは「この部屋は清潔だ〜」という気持ちです(笑)

シンガポール寮生活での洗濯についての記事はこちらから

created by Rinker
ファブリーズ
¥303
(2019/11/17 19:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

【送ってもらいたいもの4】もっと栄養ほしい、サプリメント

シンガポールでの食生活は、栄養不足になります。

脂っこいし、野菜が少ないです。

例えば、丼もののメニューの写真には、レタスが生き生きと存在しているのに、実際は、レタスの切れ端みたいな小さくて少ない量しかありません。

 

なので私は、シンガポールでビタミンのサプリメントを買いました!!が、飲むときに吐きそうになるほど臭いです。

臭くないだけで飲む上での気持ちの負担が軽くなるので、日本のものを欲してます。

ですが、日本のものは、ほぼお菓子みたいな効果薄そうなサプリメントしかなさそうなので、もう少し調べて判断することにします。

 

【送ってもらいたいもの5】意外と必要な現金

キャッシュレスっぽいシンガポールでも、意外と現金使います。

私がシンガポールで現金を使う場面は…

1 学校外のホーカーセンター(屋台)でのお会計

2 エアコンのプリペードカードへのチャージ

3 学校やサークルに入るために参加費

4 grabで現金支払いのとき(特に、友達と割り勘する時)

5 マレーシアなど周辺国に旅行するとき

私は諸事情があってシンガポールの銀行口座を解説したのですが、日本からの送金に2000円弱くらい手数料がかかるので、今度家族がシンガポールに来た時に手渡しでもらう予定です。(ある意味、超高額手数料)

私が直面した現金枯渇問題についての記事はこちら

 

まとめ:2ヶ月経って日本から輸送してきてほしいもの5選

以上、私が留学2ヶ月経って感じる日本から持って来て欲しいものでした。

留学の持ち物を考える際にも参考にしてください。

・日本の化粧品(特に化粧落とし)

・サトウのごはんとふりかけ

・リセッシュ

・サプリメント

・現金