わたしがシンガポール留学を選んだ理由は
シンガポールスポット

【交通事情】シンガポール観光で移動するなら電車?バス?タクシー?

 

今回は、シンガポール観光で移動する際にどのような手段を使えばいいのか、を半年間シンガポールに住んでいる私からアドバイスさせていただきたいと思います。

手段1 日本より安い!MRT(地下鉄)は便利

シンガポールほぼ全土に地下鉄(以下、MRT)が通っています。

MRT 公式サイトより引用。点線のラインは未開通なので注意!(2019年2月時点)

 

カラフルなので、乗り換えのときやホテルに戻るときなど色で覚えやすい!!私も未だに「緑の次は紫に乗り換えだね」とラインの名前ではなく色で呼んでいます(笑)

シンガポールの地下鉄は 出発時間の間隔が短く、逃してしまってもすぐに来ます。
相当急いでいなければ、駆け込み電車する必要はないです!

また、車内、ホームとても綺麗!!
これは本当に感動するのですが、ポイ捨てゴミをなかなか見ませんね。

どうやってチケットを買うの?

観光客の場合のアドバイスをお伝えします。

まず、シンガポールツーリストパスという乗り放題チケットがありますが、シンガポールの電車賃は1回の乗車で1〜3ドル(80〜240円程度)と大変安いので損してしまう可能性があります。

また、チケットの料金は10ドル(約800円)のデポジット込みの価格ですが、チケットを返却し忘れるともったいない!!
そして、個人的に最終日に10ドル返却されても余計に余りそう…という懸念があります。

 

そこで以下2つの方法をおすすめします!!!

① 都度でチャージするstandard ticket

https://www.transitlink.com.sg/PSdetail.aspx?ty=cat&Id=2 より引用


多くの観光客はこのスタンダードチケットを使っています!

一度購入すると、日本でいう切符ではなくICカード(PASMOのようにピっとタッチするカード)として発行されます。
旅行中は最初に購入した同じカードにチャージして利用ということですね。

 

MRTに乗る度に、改札で到着駅までの料金を入金します。

チャージは現金になります。ほとんどの場合、2ドル・5ドル札・硬貨のみの支払い手段になります。10ドル札しか持ってないと両替の必要があるので、事前に細かいお札を用意しておくと便利!

 

使いやすいチケットですが、このチケットにはデメリットがあります…!

ひとつは、観光地の最寄駅だと切符売り場がすこし混雑していますね。

特にマリーナベイショッピングモール直結のBayfront駅。観光客が多いためチケット購入に戸惑うなどして、毎回少し行列があります。が、10〜15分ほどの待ち時間なので急ぎでなければ気にしないかなと。

ふたつめに、standard ticketの場合、実は交通費が少し高めに設定されています。
それでも安いので観光客はあまり気にしない、というか気づかない事実ではあります(笑)

例えば、チャンギ国際空港からベイフロント駅まで。

Changi Airport to Bayfront: This trip will take about 51 minutes (including average waiting and changing times if any). For stored value cards, the fares are $1.75 (adults), $0.59 (children/students), $0.88 (senior citizens and disabled persons), and $1.37 (workfare concession). Standard ticket fare (ticketing machines) is $2.40. 

住人が普段使っているカードでの料金より1.5倍ほどの高い価格設定。
(しかし我々住人が使っている②で紹介するカードは5ドルの初期費用を支払っています。複雑になってきたw)

1週間近く滞在予定の方は、次に紹介する②も選択肢として考えてみてください。

② 初期費用はかかるが便利!まとめてチャージするEz link card

「ez link」の画像検索結果http://www.giftntake.com/ezlink-card/より引用

さて次に、長期滞在者用のカードをご紹介します!

各駅のチケットオフィスにて購入することができ、初期費用として12ドルかかります。(12ドルのうち7ドルはチャージ分として使えます。5ドルは返金不可。)

ここはシンプルにメリット3つご紹介。

① スタンダードチケットのように毎回チャージする必要がない

② チャージは現金でもクレジットカードでも可
ただ10ドル単位でしかチャージできないので注意!

③ スタンダードチケットに比べて割安!!

 

手段2 観光客にとっては難しい…公共バス

次に、公共バスをご紹介します。

ez linkカードで利用できます。乗車時と降車時にカードをタッチするのみ!

https://www.sbstransit.com.sg/about/memorylane.aspx

 

主要な観光地には電車が通っているので観光客はあまり使わないと思います。

日本のバスと違って次にどこに止まるのかアナウンスはないし、停留所の名前も「Blk000」のように地区の番号だったりします……なんとわかりづらいw

私はいつも利用するバスでないと止まる駅がどこかさっぱりわかりません。2、3週間乗りつづけてやっと慣れました(笑)

しかし!!
2階建てバスは日本にあまりないので乗ってみるのも面白いかもしれません〜〜

手段3 快適!スピーディー!Grabタクシー

日本ではUberやGrabの名前を聞いたことがある方いるかもしれません。

シンガポールでは、Grabが広く普及しております。
そして日本のタクシー代よりも安く、夜帰りが遅い時や大人数で移動するときなどは大体Grabタクシーを利用します。

観光の場合、移動時間を短縮することがコツ!!

そんな時にぜひGrabタクシーをおすすめします!!!

自分の現在地と目的地を入力するだけで、時間帯や需要を考慮してGrab側が固定の料金を提示してくれます。

タクシーでぼったくられたらどうしよう…という不安はなくなりますね!!

事前にアプリを入れておくと便利です。

 

さらにアドバイスをひとつ。
シンガポール動物園やリバーサファリ、ナイトサファリに行く方はGrabタクシーを利用するといいと思います!

電車とバスの併用で向かえないことはないですが、非常に時間がかかります…

おそらくオーチャードやブギスなど中心地に宿泊される方が多いと思うので、そこから大体20ドル前後(1500円程度)、20〜30分かけてホテルから直接Grabタクシーで行くことをおすすめします。

動物園って暑い中歩くので体力を消耗します……
ぜひ移動くらいは涼しくて快適なGrabタクシーを利用するとより充実した1日になるはず!

まとめ

今回は、シンガポールの交通事情について
・地下鉄MRT
・公共バス
・Grabタクシー
のメリット・デメリットをご紹介しました!!

マリーナベイやリトルインディア、アラブストリートなど主要な観光地を短期間でまわるのであれば、地下鉄のMRTでスタンダードチケットを券売機で購入しましょう!

長期滞在の場合は、EZlinkカードがお得で便利!

そして、動物園など少し行きづらいような場所は、(安いですが)贅沢にGrabタクシーを利用しましょう!!